輸入USED

HOHNER Amati 8 International : ITALY製のHOHNER  フレンチ Cモデル













ブランド HOHNER Amati 8 International
モデル HOHNER
価格 お問合せください。  モデル名;Amati 8
程度 美品
リードセット MML 3セット  左5セット  ハンドメードリード
高音部キー 右 79(52)  キー径:14.5㎜ パール リングつきボタン
スイッチ 右 6  左 2
音域 C# - E   52音(オクターブ入れ 64音域)
バスボタン 120  対位3列式 (下記詳細)
サイズ 41×37×22㎝ 
重量 10.0㎏
ケース ハードケース
特徴 ・HOHNERというメーカーはある意味 変わった、割り切った考えのメーカーで、フランス国内向けには あえてドイツで作らず、フランス向けを得意とする Italyの F.Crosio などに委託して製造し それを販売してきました。 Internationalとフロントに表示されています。 ・同じHOHNERでも 音色はフレンチ。身近のHOHNERとは 「全く」違います。  ・Amati というシリーズの多くがITALY製で、この機種が一番 ハイエンド(最上級アイテム)なものです。  ・52音域あって 下C#から地鳴りのするような低音がよく響きます。 MMも軽快です。  楽器としての使用頻度は少なく、内部は新品同様です。


<BR>「 3+3 方式のベースボタンのメリット」 <BR> ・ 日本では120あるいは96ベースは対位1列、根音1列、メジャ、マイナー、セブンス、ディミニッシュの6列式 (通称 単音系2列にコードボタン列4列で 2+4方式)が一般的ですが、フランスでは対位が2列あって その分 デミニッシュコードボタンの列がない いわゆる 3+3方式が普及しています。 ・  この3+3は 日本で使っても大変 便利なシステムといえそうです。 ・  配列は 根音のすぐ内側の対位列 はスタンダード式と全く同じです。 2列目の対位(蛇腹近くの)は 例えば  対位のEであれば、隣接する斜め上のボタンが E♭になっています。E♭の隣は上方へむかって隣りがB♭、F, C と  5度で並ぶその関係はいつもの根音列と同じです。 ・  すごいことができる。その秘密は? ・  1.マイナー音階を 手の位置を大きく動かさずに弾ける。 ・    Cmの場合E♭、A♭、B♭が Cボタンのほぼ直上にあるため、指を伸ばすだけで、手の上下移動が殆どなく弾けます。 ・  2.ということはマイナースケールや音型をベースソロとして弾く時に便利です。指、手の動きが少なくなる分 ほかに意識を集中できます。 3.指使いが楽なままで、「コードボタンを押したままで、ベースの音を弾く時 とりわけ短調の曲の場合、便利です。   フレンチだけでなく 日本の歌曲をはじめマイナー調の曲には半音進行の動きを作りやすいシステムです。   コードボタンを押したままのベースラインの半音進行は スタンダード式よりもスムースな運指で「おしゃれな印象のベースラインの動き」を作ります。 特にフレンチやタンゴなどにも多いベースの半音進行で、例えばメジャーKeyのコード進行が ⅭーⅭ/EーEbdimーDm という場合 のEbのところで3列目を使うとやはり手の移動が少なくできます。  

この商品についてのお問い合わせ

以下のフォームよりお問い合わせお願いいたします。


お名前(必須)
電話番号(必須)
メールアドレス
お問い合わせ内容(必須)
ページの先頭へ移動する