輸入USED

EXCELSIOR : マニアンテも、デイロも弾いた。 A MANOリードの上級機













ブランド EXCELSIOR
モデル Symphony シンフォニー HMML
価格 お問合せ下さい。
程度 美品
リードセット HMML 4セット  左 5セット  A MANO 最高級ハンドメードリード使用
高音部キー 41   鍵盤幅 19.7㎜
スイッチ 右 10+1(パームマスター)    左 7
音域 F-A
バスボタン 120
サイズ 51×41×19㎝
重量 10.5㎏
ケース ハードケース
特徴 ・Excelsiorは本社をNEW YORKにおいていました。 工場はイタリア・カステルフィダルド でした。 このSymphonyモデルは 明らかに 良き時代のUSAの好みをほうふつ とさせる クリアな音色、立ち上がりの速さ、低音から高音にいたるダイナミックレンジの広さ。けれんみない音色と。 一部の部材、部品を イタリアから USAに輸出し、そこで 現地の好みに合わせてアッセンブルし、仕上げる、そういった意味の Made In USA は他の多くの著名ブランドでも行われてきました。    

 ・シカゴに本社を置くDallapeも 昔は 一部の製品はUSAで組み上げたものだと、以前イタリアStradellaの 本社 社長 マリオさんは言っていました。大消費地であったUSAは、イタリアにとって大変極めて重要な顧客だったのです。ニーズに合致したアコーディオンを作って、顧客を獲得しようと努力したのです。その結果が 音色も、デザインも、機構も実に多彩な楽器を生んだ理由の一つです。実は日本はといえば、USA向けの一部をわけてもらったというのが 世界手に名目で見れば実際のところです。  

 ・このSymphonyは各部にアメリカ好み が色濃くでています。 まず見てすぐわかる、楕円のおおきな スイッチパネル。斬新、革新的なフォルムになっています。 リードのクラスは最上級のハンドメード A MANO 。

 ・わずかにふくよかさを残し、ぎりぎりまで 余分なものを捨てた スピリチュアルな音色のするリードです。・MMチューニングはその名も「アメリカン」といわれる 揺れ幅のちいさなもの。強く弾くと 単音のバイオリンに聞こえるような音色です。ジャズ、クラシックの本場 USA 東部地区のテイストです。・Lも味わい深いいい音色です。

 ・ほとんど使用によるキズなどのない、美しいままの ビンテージ楽器です。 ガーシュウィンなどのメロディが似合う一台です。

 ・手元資料で見ると、著名な演奏家、作曲家では マニアンテ、アート・ヴァン・ダム、 ピエトロ・デイロ、ガビアーニはじめ(下記 画像) 100人を超える歴史に名を刻んだ人たちが、 そろって このSymphonyモデルを愛用していました。それだけ信頼性の高い楽器です。今のEXCELSIORには求めるべくもありません。

この商品についてのお問い合わせ

以下のフォームよりお問い合わせお願いいたします。


お名前(必須)
電話番号(必須)
メールアドレス
お問い合わせ内容(必須)
ページの先頭へ移動する