輸入新品

Dino Baffetti   : ピアノ鍵盤カスタムメードのご注文方法  













ブランド Dino Baffetti  
モデル STUDIOII  PPROFESSIONAL
価格 標準価格にカスタムメードの内容、付属品により価格は異なります。
程度 カスタムの内容によって多少異なります。納期は通常4か月   
リードセット それぞれモデル別のご案内をチェック下さい。 以下同
高音部キー
スイッチ
音域
バスボタン
サイズ
重量
ケース
特徴 ようこそDino Baffettiコーナーへ Buongiorno!  



・このページでは DINO Baffetti  のアコーディオンが どのような仕組みで オーダーメードをお受けしているのか、 そのアウトラインをご案内します。

・次のページからはいくつかのカスタムメードの事例を画像でご案内します。 音声をご希望の方は MP3 で送付します。 お問合せから、ご連絡ください。

・数あるアコーディオンメーカー、中でも ITALY カステルフィダルドで展開する 老舗 アコーディオンメーカーは ここ10数年で閉鎖、倒産が相次ぎました。カステルフィダルドを歩くと旧市街にPAOLO SOPRANIの廃屋だけでなく、山裾にはEXCELSIORが、少し離れてGUERRINI跡地 つわものどもの夢の跡。そこもかしこも あのブランドアコーディオンを作っていた、そんな歴史の場所が点在しています。

DINO BAFFETTI  ディノ・バッフェティ は 元気印、 今も親子2代でアコーディオン製造をしています。


・今から60-70年前は アコーディオンの黄金時代といわれ、 カステルフィダルドから毎月5万台ものアコーディオンが輸出されたこともあるそうです。大半がUSA向けでした。ところが、電子楽器(電子キーボード、ピアノ、ギターほか)が台頭すると同時にアコーディオンの注文が激減。多くが倒産、廃業に追い込まれたのです。



・1つ1つのリードをはじめアコーディオンは数えきれない部品を作りそれを、つなげたり組み立て、装飾して仕上げます。手間がかかって、熟練工でないとできないという専門性が必要です。


・少なくなった注文に手を抜かずに1台づつアコーディオンを仕上げるのはさらに工夫と努力がいります。


・DINO BAFFETTIは サテライト式専門工システム を採用しています。それぞれ熟練の職人が独自の工場を経営し、それぞれの専門分野の部品製造でお互い協力し融通し合う、そんな有機的な連合体です。


・その一端を製品画像といっしょにご覧ください。


・どのような楽器をどの程度カスタムメードするのか、 できるのか など ご質問はお気軽に。 
BR>詳細のデコレーションなどの画像は ITALYの   DINO BAFFETTIホームページで。

・<<入り方>> TOP から Fisharminiche の下 ”continue” をクリックすると、カタログが出てきます。ページをクリックすると開けます。 その6ページ目あたりが STUDIO シリーズです。 こちらはプロトタイプ「原形」の案内。サイズや、楽器のバランス、スペックなどが確認できます。 デザインの原案を見るにはもう1つのカタログ Daitoniche を開きます。ここにはいろいろな色、デコレーションが出てきます。これらの色、柄が STUDIO や PROFESSIONAL あるいは ボタンアコのシリーズに カスタマイズとして使用できます。
また こんな色の楽器、蛇腹も変えたい、とお考えの場合 参考画像を当方にいただければ それをもとに ITALY工場で 工夫し、提案いたします。 下の画像 ブルーインパルス、またの名を アナ雪 はオーナー様のたってのご希望デザインベースに工場で作成した事例です。
 Ciao!

この商品についてのお問い合わせ

以下のフォームよりお問い合わせお願いいたします。


お名前(必須)
電話番号(必須)
メールアドレス
お問い合わせ内容(必須)
ページの先頭へ移動する